HOME>トピックス>【口コミを調べてから術式を選ぼう】包茎手術の方法

包茎手術の術式を比べてみよう

ガッツポーズの男性

包茎手術には様々な術式があります。中にはそのクリニック独自の名前が付いている場合があり、同比較して良いのか困りますよね。ここでは包茎手術の術式について解説します。まず、一般的な包茎手術の術式と言われているのが環状切開法です。余分な包皮を輪切りにして取り除く方法です。手術後の痛みが少ない一方で、傷跡が残りやすいという口コミもあります。また、時間も短いのが特徴です。

背面切開法と亀頭直下埋没法

股間を押さえる男性

真性包茎など比較的重い包茎の場合に使われることが多いのが背面切開法です。また、子供の包茎手術にも使われる方法です。傷が目立ちにくいですが、難易度の高い手術になります。亀頭直下埋没法は亀頭の下を切開して切除する方法ですが、傷が目立ちにくく、手術時間も短い一方で、手術後の制限が長いのが特徴です。

切らない方法は軽度の場合におすすめ

髪を触る男性

最近では、仮性包茎などの軽度の包茎の場合は切らないで治す方法もあり、手術よりも抵抗が少ないことが多く、人気になっています。生活の制限もないので、安心して受けられますが、この治療には向き不向きがあります。自分の状態が切らない方法に適しているのかしっかり医院で相談しましょう。

様々な治療方法がある

下半身

包茎手術は真性包茎やカントン包茎でない場合は、自由診療となります。そのため、医院ではより良い治療を目指して、様々な術式が勧められています。しかし、内容は背面切開法とさほど変わらないもの等もありますので、特殊な治療方法を選ぶときには医院の説明をよく聞いて従来の治療方法と何が違うのか、自分に合っているかをよく検討する必要があります。治療方法についても口コミを参考にするとデメリットも知った上での適切な判断ができるでしょう。